起業に挑戦

初めて起業に挑戦する記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はMLBもお休みであまりニュースもなさそうなので、秋の夜長にDVDを観る方も多いとおもいますが映画の話題にしようと思います。

東京国際映画祭が今月20日から明日までの日程で開催されていますが映画好きの方はご存知ですよね。内容は世界各国から600以上の候補作から15作品を厳選し、「アジアの風」部門から推薦された作品を含めた計16本を上映した中から東京国際映画祭の最高賞“東京 サクラ グランプリ”が選出されるというものです。

特別招待作品の中には「恋空」、「Little DJ ~小さな恋の物語~Little DJ」、「オリヲン座からの招待状」などの話題になっている日本映画も含まれていますが、テレビ等で近日ロードショウのCMも流れていました。

その中でも「オリヲン座からの招待状」は浅田次郎原作の大ベストセラー短編集「鉄道員」に所収された作品の映画化なので本を読んでから観るか、映画を観てから読むか…悩む事を楽しみながら楽しみにしいと思います。

それと今日から上映が開始された「象の背中」タイトルからはその内容が想像できないように思うのですが、どんな時代にも提起される内容でしょう!

あなたがもし「余命6ヶ月」と宣告されたらどうしますか?

日常の忙しさや惰性に流されていると感じる人にとっては、いろいろと考えるきっかけになるのではないでしょうか!?

<今日の名言>

大成功や大失敗だけが人生における体験ではない 
平穏な日々の中でも、心の持ち方いかんでは
大いに体験を積むことが出来る          松下幸之助(事業家)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hideyuki40.blog111.fc2.com/tb.php/50-b079d187

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。