起業に挑戦

初めて起業に挑戦する記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
事業計画書の作成が出来たらいよいよ資金に関して考える必要がありますよね。
資金に関しては大きく分けて開業資金と運転資金に分けられると思いますそれぞれに関して十分に検討、準備する必要があると思います。

開業資金は、1. 事務所や店舗を取得する費用 2. 改装や設備の導入費用 3. 備品をそろえる費用 4. 開業を告知するための広告・宣伝費用 5. 商品などの仕入れ費用となります。

運転資金は、1. 人件費 2. 事務所や店舗の維持費 3. 商品などの仕入れ費用 4. 細かな備品や各種の用品費用 5. 交通費や通信費など活動のための経費 6. 借入金の返済などがあります。このうち、人件費や家賃など、売り上げの状況にかかわらず、一定額を定期的に支払う費用を固定費といい、支出に占める比率が高いと経営は苦しくなってきます。また、業績が悪くなった時でも、急に従業員の給与を下げたり、家賃を減額してもらう事はできないので、小さい事業者にとっては、なおさら高い固定費は危険です。ゆえに固定費をいかに抑えることが出来るかが大切になってきます。

もちろん開業資金、運転資金とも、複数個所で価格調査をし、見積もりも複数取って、現実的な数字を算出することを考えてください。

<本日の名言>

何事も思っているほど悪くない 朝になれば状況はよくなっている
                       コリン・パウエル(アメリカ元国務長官)

毎日あれこれと悩みの種は尽きない。よくもこんなにというほどイヤなことが起きるが、気がつくと悩んでいた事が特別な事ではなかった…
ということもよく経験する。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hideyuki40.blog111.fc2.com/tb.php/27-4ae207a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。