起業に挑戦

初めて起業に挑戦する記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日もFX関連の興味深い記事を見つけました。

FX業者が顧客の取引を強制決済したというのですが…

(北海道新聞 10/20 09:04)
エフエックス札幌 顧客の取引、強制決済 金商法抵触の可能性
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/55963_all.html

(10月20日9時48分配信 ロイター)
7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)共同声明の要旨

[ワシントン 19日 ロイター] ワシントンで19日に行われた7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が終了後に発表した共同声明の要旨は以下の通り。
 ・世界経済は、力強い成長が5年目に入っている。最近の金融市場の混乱、原油価格の高騰、米国の住宅部門の弱さは、成長を減速させるだろうが、我々の経済全体のファンダメンタルズは引き続き強力であり、新興国市場も、世界経済の強さに重要な刺激を与える。


以下詳細は下記にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000395-reu-bus_all

スポンサーサイト
起業する中で経済環境の変化を予想することは必須事項ですよね。
18日(ニューヨーク時間)のNY商業取引所の原油先物相場は、ドル安進行で海外の通貨からみた原油に割安感が出た事や中東情勢の緊迫の影響による供給不安が要因となり大幅に反発し一時1バレルが90ドル台をはじめて記録しました。市場関係者は年内にも1バレル100ドル突破する見通しを示しています。
さらに翌19日(ニューヨーク時間)ニューヨーク株式市場は、企業業績の先行き懸念が強まり急落し優良株で構成するダウ工業株30種平均は今年3番目の下げ幅となる前日終値比366.94ドル安の1万3522.02ドルで引けるなどアメリカの景気後退の兆しを示し始めており、今後の日本国内への影響も避けられない状況のようです。
やはり自分の生活を守り、事業を安定させるためにも経済環境の変化に迅速に対応できるよう常に意識することが必要かる大切だと思います。

関連記事
(10月20日10時0分配信 時事通信)
世界経済の減速懸念=サブプライム余波を警戒-声明採択し閉幕・G7
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000041-jij-int

(10月20日11時39分配信 毎日新聞)
<G7>声明で世界経済減速を懸念 サブプライム問題で協調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000048-mai-bus_all

<今日の名言>

泣いてパンを食べた者でなければ 人生の本当の味はわからない
                          ゲーテ(詩人)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。