起業に挑戦

初めて起業に挑戦する記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近は文字を書くことや国語辞典などで意味を調べる事って少なくないですか。
このブログを見て頂いてあなたはおそらくインターネットで検索する事を選択されているのではないでしょうか…

実は私もインターネットで検索する事が多いのですが、本を読んだり探したりする事は好きで本屋さんに行って時間を潰すことが結構楽しかったりするんです。

先日、こんな辞典を見つけました。見た瞬間に面白くてつい買ってしまいました。

「みんなで国語辞典!これも、日本語」という国語辞典で、去年の年末に刊行されたみたいなのですが一度中を読んでみて下さい。(国語辞典なのに調べるんではなくて読むって変だと思うかも知れませんが)f(^^;)


<今日の名言>

想像力は、知識より重要だ
          アルバート アインシュタイン(科学者)
スポンサーサイト
今日も起業を成功させる上にもお勧めの習慣についてです。(いわゆる続編ってやつですね)

この話もいろいろとビジネス関連の本などを読まれている方はよく聞く事かもしれませんが…

自分の過去の失敗を思い出してみて下さい。
いやな記憶は、もう過去の事として忘れ去っていませんか?
あなたが経験した自分の失敗をどのように理解して納得し、どうしてその自分を変化させ常に対応できるようにするか、その行動が悪い循環を、運気をさけ幸運を引き寄せるためには大なんです。

今回の習慣は
辛い過去の失敗や出来事を毎日、一瞬でも思い出す習慣をつけるということです。(*^^*)b

今日は私のお友達の誕生日なんです。心からおめでとうございます。
わんこ好きのお友達ブログです、わんこ好きの方はぜひ一度のぞいてあげて下さいネ(*^^*)b
http://namiphoto.exblog.jp/

<今日の名言>

失敗のうちで最大のものは 失敗を何一つ自覚しないことである
                          トーマス・カーライル(思想家)
事業計画書の作成が出来たらいよいよ資金に関して考える必要がありますよね。
資金に関しては大きく分けて開業資金と運転資金に分けられると思いますそれぞれに関して十分に検討、準備する必要があると思います。

開業資金は、1. 事務所や店舗を取得する費用 2. 改装や設備の導入費用 3. 備品をそろえる費用 4. 開業を告知するための広告・宣伝費用 5. 商品などの仕入れ費用となります。

運転資金は、1. 人件費 2. 事務所や店舗の維持費 3. 商品などの仕入れ費用 4. 細かな備品や各種の用品費用 5. 交通費や通信費など活動のための経費 6. 借入金の返済などがあります。このうち、人件費や家賃など、売り上げの状況にかかわらず、一定額を定期的に支払う費用を固定費といい、支出に占める比率が高いと経営は苦しくなってきます。また、業績が悪くなった時でも、急に従業員の給与を下げたり、家賃を減額してもらう事はできないので、小さい事業者にとっては、なおさら高い固定費は危険です。ゆえに固定費をいかに抑えることが出来るかが大切になってきます。

もちろん開業資金、運転資金とも、複数個所で価格調査をし、見積もりも複数取って、現実的な数字を算出することを考えてください。

<本日の名言>

何事も思っているほど悪くない 朝になれば状況はよくなっている
                       コリン・パウエル(アメリカ元国務長官)

毎日あれこれと悩みの種は尽きない。よくもこんなにというほどイヤなことが起きるが、気がつくと悩んでいた事が特別な事ではなかった…
ということもよく経験する。
今日は起業を成功させる上にもお勧めの習慣についてです。

この話しはいろいろとビジネス関連の本などを読まれている方はよく聞く事かもしれませんが…

まず、自分の習慣を見直してみて下さい。
ばかの壁を作っていませんか?
あなたは、この先の自分の人生を変えたいと思うなら、まず既成の考えを捨てて下さい。そしてプラスの予測をする。
予測するためには十分に情報を集めないといけないし結果、その予測が実現されるように行動する。

今回の習慣は
その行動で実現された結果の一つ先を考える習慣をつけるということです。(*^^*)b
事業計画書というと難しく聞こえますが簡単に言うと

何を、なぜ、誰に、どんな市場で、どんなメリットを持って、どうして知らせ、どのように提供するか。そして、それは、いつ、誰と、どんな方法で、どんな数字にもとづき、どんな数字を目指して行うのか…ということです。
前半の内容は今までの①~④で書いてきた内容ですね。それをもっと具体的に展開すると同時に後半に書いたタイミング、一人なのか仲間を集めるのか、テクニック、市場規模、目標利益等の内容を展開して書きとめるものが事業計画書になるかと思います。
詳しい内容はこれから一つずつ展開して書いていきます。

<今日の名言>

勇気と力があっても、慎重さを欠いていたら それは無に等しいということを忘れないでほしい
                            エドワード・ウィンパー(登山家)

慎重になることは、登山や勝負の世界だけでなく、ビジネスや人間関係でもそうありたい。
慎重さを欠けば、それまで積み上げてきたことがゼロになってしまうのである。勇気や力を行使するにも慎重な心構えがあっての事だと理解したい。

今日から新しい記事をアップする時に名言を1つ書きたいと思います。(*^^*)b

では、今日の名言
時間を無駄にするな有益なことに常に従事せよ あらゆる不必要な行動をやめよ
                              ベンジャミン・フランクリン(科学者)

ただ、勤勉なのは意味がない。今、自分がやっている事や取り組んでいる事はどこか間違っていないかを時々は点検しながら進めることも大事でしょう。
今日は先日の続きで事業(起業)アイデアの考え方です。
まず、「アイデアを自分で考えるなんてできない」と、簡単に諦めないで下さいね…
自分が考えている事業内容やそれに近い事業内容で「こうすれば、もっとよくなる」という事が浮かべば、それがアイデアのもとです。その「こうすれば」は、商品やサービスなど事業者が消費者に提供する「物自体」に対してで、提供する「方法」に関しての事でも良い訳です。よく売れている商品というのは、支持されているから売れるるわけだし、販売・提供方法も同じことです。だから何か一部をよりいいものにするだけでも十分に事業アイデアになるはずです。
但し、新しすぎるものはリスクもあるので忘れないでくださいね。

よく言われるのは現状を踏まえて一歩先を予測するか現状成功している要因を考えてアイデアを考えるという方法があるようです。
つまり、一つは「風が吹けば桶屋が儲かる」的な発想。もう一つは成功の要因を分析する事でニーズを把握し別の事業アイデアに変換していく方法です。
①の中でも書きましたが元来、自分が好きで、仕事とは別にやっていたことを事業にする方法も一つで、その「好きなこと」が、世の中に広く浅く存在するのか、狭く深く存在するかで事業アイデアとしての展開は変わってくるでしょう。(*^^*)b
他にももっとたくさんアイデアを考えるヒントがあると思います。
みなさんの中でこんなアイデアはどうだろうというのがあれば、ぜひコメントして教えて下さいね。
今日は起業からはちょっと離れて最近うわさの猫鍋というのを検索して探してみました。
http://www.youtube.com/watch?v=k1taheWSOaA
いやぁ~なんだかポワッ~と癒されますねぇ。
うちのちびにも試してみようと思います…(*^^*)b
ついでにもう一度、脳内メーカーも紹介しちゃいますね。
http://muryop.com/br/q.php
ぜひ一度試してみて下さいね。。。。

実はこれが私の結果でした。時間をおいて試すと違った結果になるようです…
でもかなり当たってるかも 汗!!!!
いろいろと考えた時に「起業、独立をしたいけれど、やはり経験のある業界のほうがいいのか、それとも、未経験でもやりたいことをやったほうがいいのか…」と悩む人は多いと思います。
そこで起業、独立するジャンルやテーマを検討の必要があります。 一般的に「未経験業種は難しい」といわれますが、いろいろ研究する事で、むしろ部外者だからこそきずくアイデアを生かせば、事業展開は十分に可能性です。
また、未経験分野の場合は、FC(フランチャイズチェーン)システムを活用する方法もありますからいろいろと比較して自分が考えるといいと思います。
*FCとは、業界経験のない人でも事業を成功させられるノウハウを本部企業がパッケージにして提供する仕組みのことです。
フランチャイズの比較が簡単にできますよ!(*^^*)b

今と同じ業種やそれに近い分野での独立は、他者との差別化が難しく甘くなる傾向があるようです。同じ業界、業種でも、既存のものとどう差別化を計るのか考える必要がありますね。

次回はその事業のアイデアを考える必要がありますが、そのアイデアの考え方はどうすればいいかをテーマに考えたいと思います。
何かいいアイデアをお持ちの方はぜひコメントをお願いします。
今日もブログのタイトルでもある企業への挑戦に関して最初に考えなければならない事についてです。
起業・独立準備の続きです(*^^*)b
前回の内容を皆さんは考えて見ましたか?
そう、まず第一になぜ自分は起業、独立したいのか?
第二に自分は何が出来るのか?
何もできないかもえーん2と断念してませんかぁ。
そうそれがバカの壁なんです。
自分で自分の限界を決めてしまって行動を遮ってしまう思考なんです。
何も出来ないと思ったら自分は何が好きなのかとか好きな事を考えてみて下さい。

そしてこの2つをクリアーできたら、その好きな事や自分ができる事
つまり起業、独立したい分野を探ってみて下さい
さらに、その起業、独立したい業種に許認可や資格などが必要なのか等をいろいろ調べてみて下さい。
(資格が必要ならすぐに起業するのに時間的な制約が出てくる場合もありますよね)
そしてフルに脳を活性化することに努めてください、ここでも行動を起こす事が一番大切です。
私の場合はいろいろ見たり、聞いたり、読んだり、調べたりした結果
いくつかの起業、独立分野をピックアップできました。

今日はブログのタイトルでもある企業への挑戦に関して最初に考えなければならない事についてです。
それは起業・独立の準備をする事ですよね…(*^^*)b
みなさんは起業や独立する準備は何からすればいいと思いますか?
それはまず第一になぜ自分は起業、独立したいのかを考える
第二に自分は何が出来るのか?
たいていの人はこの2つを考える事を飛ばすか、何もできないかもと断念してしてしまう事が多いかもしれませんネ。
でもそれはバカの壁なのかもしれません。自分で自分の限界を決めてしまって行動を遮ってしまう思考なんです。

まずはこの2つをクリアーする事を考えて下さい。
そしてフルに脳を活性化することに努めてください、どんなに些細な事でもよいからまず何か行動を起こす事が一番大切
私の場合はいろいろ見たり、聞いたり、読んだり、調べたりした結果
上に書いた2つの内容と平行して
まず、アフェリエイト(ネットワークをもっと知る)やFX(知識の経済ではなく実経済を知る)事から始めました。
*リアルビジネスとネットビジネス(私はバーチャルビジネスと考えてますが)の融合が有効なのではと考えての事です
最近リアルビジネスでM&Aという言葉がかなり周知されつつありますがインターネットの世界でもM&Aが始まっているのをご存知ですか?
現在実績を上げているサイトを売却すると言うのがそのM&Aなんですが、投資するお金はあるけど時間がない。でもすぐにでもインターネットビジネスを軌道に乗せたいやってみたいという人にはいいかもしれませんね。
私は無理ですが(^^;)
興味のある方は検索して見つけてみて下さいね。
最近流行っている脳内メーカーを試してみました。
ちょっと驚きでしたが楽しいですよ。一度試して見て下さいね!
http://muryop.com/br/q.php
今日はちょっと変わったサイトを紹介したいと思います。

ぜひのぞいて見て下さいネ

金魚すくいゲーム!すくってすくってデジカメ当たる♪
NTT西日本の提案する『新たなデスクトップ生活』

無料ツール「デスクトップアプリケーション」を体験したい方は、今すぐコチラをクリック!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。